気ままに野鳥プラス



カテゴリ:野鳥( 431 )


ウソばかり

ウソばかりと言っても、本当の反対のウソではなく野鳥のウソがMFにはどういう訳か今年は例年になく、たくさん来ている。
例年5~6羽程度が確認できているが、今年はあちらこちらで見かける。
しかも、ウソに混ざってアカウソが大変多い。
むしろアカウソの方が多いくらいに思える。
ウソに気を取られて他の鳥達はどうかと気になり、クロジのポイントに行ってみると、何とソウシチョウが10羽程群れを成していたのにはびっくりした。
困ったものだ!
冬鳥の定番、ツグミが紅葉したMFの高い木の天辺で遠くを見ている
c0036878_21454377.jpg

ここのところMFで人気のウソ(アカウソ)
c0036878_2147285.jpg

c0036878_21473592.jpg
c0036878_21475679.jpg

目の前のカラスウリの実とどちらが赤いか比べているようだ
c0036878_21482289.jpg

by birdland7 | 2006-11-26 21:49 | 野鳥 | Comments(2)

第2回 秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展

c0036878_2047977.jpg


お近くにお寄りの節は、御気軽にお越しください。
by birdland7 | 2006-11-04 20:49 | 野鳥 | Comments(0)

曇りのち晴れ

曇っていて今にも雨が降りそうな天気!
眼が覚めたときにはそんな空模様で、きょうの鳥見は諦めようかなと出渋っていたが、意を決して出かけた(ちょっと大袈裟!!)
MFに着いて、K森入り口付近で10数羽のアトリが出迎えてくれた。
遠くのメタセコイアの天辺に何やら鳥らしいものがいるので双眼鏡で覗いてみるとモズ。
森の中には着いたばかりなのだろうか、アカハラとシロハラが一緒に群れを作って木の上のほうを忙しそうに移動している。
もうしばらくすると落ち着いて下のほうに降りてくるだろう。
シロハラやアカハラがいた近くの木の上の方にはトラツグミもいた。
ゴジュウカラがまだいてくれて、楽しませてくれる。
遠くのメタセコイアの天辺にいたモズ
c0036878_21521013.jpg

K森入り口付近のアトリ(このアトリは頭の形が面白い!)
c0036878_21525866.jpg

c0036878_21532051.jpg

c0036878_21533818.jpg

帰りに田圃に寄ってみたがセイタカアワダチソウに蝶が(名前知りませーん)
c0036878_21553925.jpg

アトリと楽しんだ一日でした
by birdland7 | 2006-10-29 22:03 | 野鳥 | Comments(2)

小さな花と鳥達と・・・

森に入って最初に目に飛び込んできたのは、小さくてやや薄いピンク色をした花だった。
後ほど鳥仲間で花に造詣が深いNさんがミゾソバだと教えてくれた。
c0036878_172829100.jpg

ミゾソバの傍らに、フワッと綿のように落ちているような白い花があった。
カラスウリの花で、昼間咲いているのは大変珍しいと、これもNさんが教えてくれた。
c0036878_17305699.jpg

きょう一番の人気者は、MFでは珍しいゴジュウカラ。
独特のポーズでゴジュウカラ
c0036878_17322433.jpg

クリッとした目が可愛いエゾビタキ
c0036878_17333178.jpg

久しぶりにアカゲラ♂
c0036878_17342651.jpg

楽しく充実した休日であった・・・
by birdland7 | 2006-10-15 17:35 | 野鳥 | Comments(6)

賑やかな林

各地で大きな被害を出した台風並みの低気圧が去って、綺麗な青空が戻ってきた。
MFに入る橋の手前から頂上が微かに白い富士山がクッキリと見えた。
一昨日の新聞に富士山の初冠雪を認めたという記事が載っていた。
林の中は、小さな枝や葉がたくさん落ちていて、先日の嵐の凄さがこんなところにも影響しているのだなと思いながら鳥見を始めた。
嵐が連れてきてくれたのか、それとも嵐が過ぎ去るのを待っているのか、林は結構鳥達で賑やかである。
春の渡りのオオルリやキビタキと違い、秋の渡りはシットリした感じがする。
ムシクイも割と低いところで餌を啄ばんでいる。
大きなクリッとした可愛い目をしたヒタキ類もいたりして、今日の林は賑やかで満足した一日であった。
子森入り口付近にカケスが群れでP森方向へ飛んでいくのを見ながら帰途に着いた。
c0036878_211839.jpg

c0036878_21184275.jpg

c0036878_2119378.jpg

c0036878_21201214.jpg

c0036878_21211125.jpg

by birdland7 | 2006-10-09 21:21 | 野鳥 | Comments(4)

暑さ寒さも彼岸まで

彼岸の中日を過ぎて、今日は陽射しは強かったもののすごしやすい日であった。
昨日は早朝の2時間程度MFに行ってきた。
MFでは比較的珍しいマミチャジナイが2羽見ることが出来た。
私が帰った後、マミジロも見られたらしい。
昨日はカメラを持っていかなかったので、今日は撮りたい一存で勇んで行った。
どこで情報をキャッチしたのか大勢のウォッチャーとカメラマンが既に来ていた。
結果は「撮れなかった」
気になったことがある。
スズメバチがやたらと多いのである。
林縁の広場では家族連れが大勢遊んでいるので、気をつけてほしいものだ。
林を諦めて田圃に行ってみたが、いまいちである。
結局、今日撮ったのはこの時期一番目立っている「彼岸花」。
彼岸花で有名な巾着田のように一面には咲いていないが、それなりに綺麗である。
きょうも所要があって早めに引き上げたが、帰途友人から彼岸花が綺麗に咲いて背景も良いところがあると知らせてくれたが急いでいたために場所を聞くのを忘れてしまった。
折角知らせてくれたのに失礼したなと反省と後悔をしている。
c0036878_22534115.jpg

by birdland7 | 2006-09-24 22:53 | 野鳥 | Comments(2)

大きく育ってきた雛

久しぶりにMFで育雛中のシロハラクイナの様子を見に行ってきた。
先週の日曜日にはこの近辺で花火大会があって、大丈夫だったかなと気になっていた。
またこの付近には、天敵のイタチも生息しているので、余計心配であった。
現地に到着してみると、早朝にも拘わらず、大勢のギャラリーである。
以前と違い、皆さん土手の上からカメラを構えたり、見ていたので一安心。
肝心のシロハラクイナはどうやら無事に5羽は育っている様子である。
母親?と雛
c0036878_178713.jpg

無事に育っているのを確認したので、少し北側の田圃に向かった。
その途中の池ではカイツブリの親子
c0036878_1793710.jpg

田圃を一回りすると、内陸部では珍しいセイタカシギが数少なくなった休耕田でのんびりと佇んでいた。
c0036878_17111690.jpg

by birdland7 | 2006-08-20 17:11 | 野鳥 | Comments(2)

渡りの最盛期真近にせまる

久しぶりに干潟に行ってきた。
鳥見を始めた頃、セイタカシギの美しさには驚いたものだ。
この世にこんな優雅な姿をした鳥がいたなんて始めてみた時はとても感動したものだ。
今でもその時の感動と驚きの記憶はハッキリと覚えている。
美しい姿のセイタカシギ
c0036878_2333144.jpg

美しい姿をしていても、身を守ったり、雛に危険が迫ってきたときの姿は一変する。
警戒して威嚇をするセイタカシギ
c0036878_23353787.jpg

渡りのピークにはまだ早いが、既にアオアシシギが渡ってきている。
c0036878_23365220.jpg

近くにはオグロシギも来ていた
c0036878_2337394.jpg

何種類のシギチがいるのだろうか!キアシシギやソリハシシギも混じっている。
c0036878_2338452.jpg

by birdland7 | 2006-08-15 23:39 | 野鳥 | Comments(2)

シロハラクイナ

シロハラクイナの卵が孵化して雛が見られるとの情報から、平日にも拘わらずMFへ行ってきた。
早朝であったが、既にギャラリーは30名ほどであった。
土手の下にもたくさんのギャラリーである。
もしかしたら雛は見られないかなと半ば諦めてはいたが、午前中一杯粘った。
親鳥がしきりに餌を運んでいる様子であるが、案の定警戒をして出てはくれなかった。
それでも親鳥は、餌を運んだ後は、様々な仕草を披露してくれた。
サービス精神が旺盛で、結構楽しむことが出来たが、雛がいる時は鳥見の人たちは最低限のマナーは守りたいものだと痛感した一日であった。

餌運びの合間で水浴びするシロハラクイナ
c0036878_22402097.jpg

水浴びの後にこんな姿も披露してくれた
c0036878_22415999.jpg

本当はこんなにスマート?なんです
c0036878_2243696.jpg

by birdland7 | 2006-07-26 22:43 | 野鳥 | Comments(2)

カルガモ

巣立った雛がアチラコチラで見受けられる時期である。
ツバメは電線で並んでいるし、シジュウカラは親鳥と一緒になって巣立ったばかりの雛が餌をとる練習をしている。
カルガモはそろそろ雛を連れて異動の時期を迎えている。
よくよく考えてみたら、カルガモを撮った記憶があまりない。
ただ撮るのでは面白くないので、動きのあるところを狙ってみた。
少し怖い感じがするカルガモ
c0036878_21581753.jpg

怪獣のようなカルガモ
c0036878_21592144.jpg

真横から
c0036878_2203989.jpg

睡蓮の上で、上品な貴婦人?のように
c0036878_2215191.jpg

by birdland7 | 2006-07-22 22:08 | 野鳥 | Comments(2)


野鳥や四季折々変わり行く風景等を撮って楽しんでいます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のコメント
mtana2さん、明けま..
by Birdland7 at 16:51
新年、おめでとうございま..
by mtana2 at 08:56
mtana2さん、先日は..
by birdland7 at 21:24
先日はどうも。 キビタ..
by mtana2 at 09:02
mtana2さん、こんに..
by birdland7 at 22:03
今年も、よろしくお願いし..
by mtana2 at 22:12
Tokiさん、お疲れさま..
by birdland7 at 21:24
お疲れさまでした~。 ..
by toki at 07:10
mtana2さん、お久し..
by birdland7 at 18:11
エリマキ、たっぷり楽しま..
by mtana2 at 09:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧