気ままに野鳥プラス



カテゴリ:遠征( 62 )


粟島最終日

粟島の最終日になってしまった。
朝飯前の畑での鳥見では、農家のおばあさんが畑仕事をしているすぐ傍にマミチャジナイ
マミチャジナイ
c0036878_15394123.jpg

♂のイソヒヨドリを探したが見つからなかったが、野馬公園の金網に♀がいた
♀のイソヒヨドリ
c0036878_15421382.jpg

畑の奥にある林で、桜の木にキビタキがいた。
あまりにも綺麗なので、つい撮ってしまう
桜花とキビタキ
c0036878_15442420.jpg

帰りの船の時間が3時出港なので、朝食後、時間の許す限り鳥見をしようということで、牧平に向かった。
ネライは、ヒメコウテンシ、シロハラホオジロ、カラアカハラなど見たい鳥はたくさんいる。
しかし、残念ながら今回は見ることができなかった。
一通り回った後、同行のK氏が、ホシムクドリと近くで言っている。
早速行って見ると、ムクドリ2羽と行動を共にしているホシムクドリがいた。
ホシムクドリ
c0036878_15494428.jpg


More 何だろう?
by birdland7 | 2006-05-12 15:59 | 遠征 | Comments(5)

粟島二日目の午後

牧平で一通り鳥見をした後、畑に向かうことにした。
途中の水場には目がクリッとして可愛いコサメビタキやウグイス、センダイムシクイを見て楽しんだ。
コサメビタキ
c0036878_18242889.jpg

ウグイス
c0036878_1825868.jpg

センダイムシクイ
c0036878_18255842.jpg

畑では、昨日情報が入ったオガワコマドリを必死になって探した。
その甲斐があってか、見ることが出来た。
今年は、神奈川県で始めて見ることができた私にとってはライファーだっただけに、粟島でも見られたことは本当にラッキーであった。
オガワコマドリ
c0036878_18295796.jpg

夕方近く、畑の奥の林に行ってみた。
今年は全国的に桜が遅かったようで、粟島でもまだ咲いていた。
桜に綺麗なオオルリが止っている。
c0036878_18323989.jpg

by birdland7 | 2006-05-10 18:33 | 遠征 | Comments(6)

2日目の粟島

朝5時少し前に起床して、支度を整えて朝飯前の鳥見に出かける。
学校裏の畑が時間的にもピッタリなので、毎回畑にやってくる。
ここでは、ホオジロ、ビンズイ、ノビタキ、ジョウビタキ、ニュウナイスズメを見ることが出来た。
海風に吹かれて ビンズイ
c0036878_2127172.jpg

朝食後、島の北端の牧平に向かう。
牧平では必ず私が行く場所がある。
海岸に突き出た岬の突端に、今にも崩れ落ちそうな枯れた一本の木がある。
この木に、獲物を狙って佇むハヤブサがいる。
海をバックにした、ハヤブサを含めたこの風景が私は大好きである。
この風景を私は勝手に「孤高」と名付けている。
孤高
c0036878_21261272.jpg

粟島2日目午後は明日に続く・・・
by birdland7 | 2006-05-09 21:31 | 遠征 | Comments(2)

粟島に到着

岩船港を高速船飛鳥で出航してから波に揺られて約50分、静かな粟島港に到着した。
船を降りて民宿に向かう途中、S氏が港の施設にある金網の上にオオルリが出迎えているとよと言ったので、そちらを見ると既に飛んだ後だった。
港にまでオオルリがお出ましとは、幸先の良いスタートが切れたと期待に胸が膨らんだ。
とりあえず荷物を解いて鳥見の準備のため民宿に向かった。
民宿到着後、岩船港で乗船するときに頂いた粟島での抽選券をS氏に預けた。
早速、鳥見の開始である。
真っ先に出迎えてくれたのはオオルリ♀
挨拶をされているようであった。
c0036878_20323713.jpg

その直ぐ後に綺麗なキビタキのお出ましである
c0036878_20341994.jpg

今年はオオルリやキビタキが大変多いような感じを受けた。
港のほうで何やら聞き覚えのある番号を呼んでいるスピーカーからの声が耳に入った。
私の抽選券が何かに当選したらしい。
S氏が代表して抽選会場にいるからと、このときは気楽に構えていた。
そうこうしているうちに、杉の木の天辺にベニヒワが居るのをK氏が見つけた。
高いし、遠いのでなかなかピントが合わない!
証拠写真程度になってしまったボケボケのベニヒワ(言い訳・・・)
c0036878_20441343.jpg

抽選に当選したのは、4.7kgの鯛であった。
同行者と相談した結果、民宿で調理をしていただいて、民宿の皆さんと一緒に頂くことにした。
その日の夕食は、様々な魚料理の他に、鯛の刺身を民宿の全員で頂くことが出来て、とてもハッピーな一日であった。
おかみさんありがとうございました。
明日に続く・・・
by birdland7 | 2006-05-08 20:50 | 遠征 | Comments(4)

粟島遠征

5月3日から5日まで、新潟県粟島に行ってきた。
同行者は、MFの野鳥クラブの友人S氏、F夫妻、K氏、Sさん、と私の6名である。
2日深夜に出発し、岩舟港手前のお幕場(おまくば)に到着したのが6時頃。
岩舟から船の出航時間が9時30分なので、毎回お幕場付近で鳥見をしてから行くのが恒例になっている。
早速出迎えてくれたのは、すっかり渡りの準備が整った綺麗なハシビロガモである。
c0036878_11212465.jpg

大池から林に向かう途中で、気温がまだ低いせいか、膨らんでいるホオアカ
c0036878_11225888.jpg

以前来た時にコシアカツバメをたくさん見られた近くのダムサイトに行き、ツバメ4種を確認してから、岩舟港に向かった。
港内には、スッカリ夏羽に切り替わったユリカモメの一団がいる。
中にズグロカモメはいないかと期待しながら探したが、すべてユリカモメであった
c0036878_11264265.jpg

いよいよ出航の時間になり、高速船に乗り込む。
港を出たら、波が高く船は大揺れである。
間もなくすると、海上を渡っていく鳥の一団がいた。
双眼鏡で見ても、船が大揺れなのでなかなか何の鳥だか識別できない。
やっとの思いでヒヨドリの一団の渡りだと確認できた
c0036878_11302467.jpg

粟島到着後の鳥達は次回へ続く・・・
by birdland7 | 2006-05-07 11:31 | 遠征 | Comments(6)

出会いと感動

今回の北海道行きは、オオワシとオジロワシがメーンテーマであったが、そのほかの鳥達や生き物、素晴らしい風景も楽しんできた。
中でも、関東地方では見る機会が比較的少ないヒメウを見られたことは、番外とは言え嬉しい出会いであった。
ほっそりとしているヒメウ
c0036878_21104929.jpg

そろそろ北帰行の準備をしているのか、オナガガモがひっきりなしに飛んでいた。
c0036878_21124156.jpg

ワシカモメかと思い込んで撮っては見たものの、オオセグロカモメかも知れないと、判定にまだ迷っている。
ワシカモメ?オオセグロカモメ
c0036878_21145296.jpg

雪が深く、餌となる草などが無いので樹木の皮をむいて食べて懸命に生き延びようとしているエゾシカ。
鹿害が問題になっている。
c0036878_2118259.jpg

プユニ岬付近から見た羅臼岳
c0036878_21192438.jpg

by birdland7 | 2006-03-04 21:20 | 遠征 | Comments(2)

オオワシ.... 頂点に起つものの勇姿

最終日、何とかオオワシを捉えることができた。
いつ見ても感じることだが、素晴らしい姿である。
威厳、勇姿、堂々と、凛々しく、もっともっとたくさんの表現があるのかもしれないが、素晴らしいの一言に尽きる。
まさしく頂点にたつものの姿である。
海岸の近くの木の天辺近くで獲物を狙う・・・
c0036878_2341491.jpg

獲物にまっしぐら
c0036878_23423433.jpg

この時期、流氷の切れ目にいるスケソウダラを餌にしているらしい
c0036878_23443097.jpg

流氷上のオオワシ
c0036878_23452313.jpg

c0036878_23455396.jpg

c0036878_23464612.jpg

by birdland7 | 2006-02-28 23:47 | 遠征 | Comments(4)

オジロワシ

今回の北海道行きの2日目は、上空を飛ぶオジロワシやオオワシを楽しむことが出来ました。
また、最終日には今回の目的を何とか果たすことが出来ました。
本当は、来年またリベンジかななんて少し弱気になっていましたが、ほぼ満足して帰ってくることが出来ました。
立派な成鳥
c0036878_1943472.jpg

まだ若いオジロワシ
c0036878_1951276.jpg

右側のオジロワシはまだ若そうです
c0036878_1955435.jpg

写真をクリックすると拡大します
c0036878_1963382.jpg

c0036878_197095.jpg

by birdland7 | 2006-02-26 19:07 | 遠征 | Comments(6)

北海道 なぜか暖かく、流氷が彼方に・・・

今週始めから北海道に行ってきた。
狙いは流氷上のオオワシとオジロワシ。
女満別空港に着いたらなぜか暖かく感じ、先行き嫌な予感がした。
初日に網走港から流氷砕氷船に乗船する予定である。
網走港に行く途中、網走湖はさすがに全面結氷していた。
しかし、網走港に着いてみると、青々とした海が水平線の彼方まで続いている。
ここ一両日の南東の風により、流氷ははるか彼方に行ってしまったようである。
流氷砕氷船には乗らずに網走港付近を探鳥。
シノリガモが遠くのほうで海面に浮いている。
上空にはオジロワシが時折飛んできた。
ここは断念して、ウトロ方面に行く途中で涛沸湖による。
ここでは、オオハクチョウ、カモメ類の他、オナガガモ、ホオジロガモ、カワアイサなどで楽しんできた。
面白い顔をしているカワアイサ♂
c0036878_18493743.jpg

ザンギリ頭のカワアイサ♀
c0036878_18504955.jpg

黄色い目が可愛いホオジロガモ
c0036878_1855578.jpg

by birdland7 | 2006-02-25 18:56 | 遠征 | Comments(4)

伊豆沼へ

5時30分、外に出たら前夜からの雪で真っ白であった。
車も真っ白!
気温を見たら-5℃だった。
この分だと道路はコチンコチンに凍っているだろうと思った。
意を決して伊豆沼へ出発した。
6時少し前に到着したがまだ薄暗い。
あらかじめ見るポイントを前日に決めていたのでそちらに向かう。
上空は晴れて星が見える。
水面から7~8メートル位までモヤッていて湖面は何も見えない。
6時30分頃マガン達が少しずつ飛び立って行った。
そのうち、かなりの数のマガンたちが飛び立って行く。
c0036878_22462918.jpg

しかし、蕪栗沼より少ないようだ。
この付近に詳しい人に聞いたところ、最近では伊豆沼よりも蕪栗沼のほうが多いそうである。
c0036878_22444951.jpg

7時頃には一通り飛び立ったようなので宿に戻って食事にした。
食後は伊豆沼と付近の田圃でマガンを楽しんだ。
c0036878_22383898.jpg

c0036878_2239971.jpg

昼過ぎ、帰ろうと想いふと上空を見ると、かなり高いところでハイタカが見送ってくれた。
c0036878_22404147.jpg

by birdland7 | 2005-12-09 22:41 | 遠征 | Comments(4)


野鳥や四季折々変わり行く風景等を撮って楽しんでいます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のコメント
mtana2さん、明けま..
by Birdland7 at 16:51
新年、おめでとうございま..
by mtana2 at 08:56
mtana2さん、先日は..
by birdland7 at 21:24
先日はどうも。 キビタ..
by mtana2 at 09:02
mtana2さん、こんに..
by birdland7 at 22:03
今年も、よろしくお願いし..
by mtana2 at 22:12
Tokiさん、お疲れさま..
by birdland7 at 21:24
お疲れさまでした~。 ..
by toki at 07:10
mtana2さん、お久し..
by birdland7 at 18:11
エリマキ、たっぷり楽しま..
by mtana2 at 09:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧