気ままに野鳥プラス



<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


田圃の鳥達 続き・・・

ツバメチドリは何処かへ渡ってしまったのか、見つけることができなかったが
オグロシギやキアシシギ、ムナグロが楽しませてくれた
畦で、綺麗な羽模様を見せてくれたオグロシギ
c0036878_22134271.jpg

この日は、ムナグロが田圃のあちらこちらから目の前の田圃に
降り立ってくれた
c0036878_22142440.jpg

田植えの終わったばかりの田圃の上を飛ぶムナグロとキアシシギ
c0036878_22145561.jpg

前日に土手の上から見たセッカ
c0036878_22152353.jpg

そんな賑やかな田圃でした・・・
by birdland7 | 2008-05-21 22:30 | 野鳥 | Comments(4)

田圃の鳥達

朝一で、とりあえずK森に行ってみた。
先着のクラブの人たちが集まって談笑中のところを見ると
これと言った鳥はいないようだ。
一回りもせずに、田圃に行ってみた。
シロハラクイナのポイントには、数人のカメラマンがいたが
本命はいないようである。
後の杭の上でヒバリが囀っていた。
ヒバリは青い空で囀るばかりではなく、こんなところでも
大きな嘴を開けて囀るんですね!
c0036878_21533350.jpg

暫くオオヨシキリやツバメを楽しんだ後、Aサイドの田圃に向かった。
先発したMさんから「オグロシギ」がいるよと連絡が入った
奥のほうらしい。
いました!
キアシシギを従えたオグロシギ
c0036878_21564791.jpg

綺麗な夏羽だ
c0036878_21573368.jpg

ムナグロがたくさんいる
いつも思うのだが、ムナグロの中には必ずと言って良いほど、好奇心旺盛な幼鳥
らしき鳥がいて近くまで寄ってきてこちらをジッと見ているのがいる。
c0036878_2213273.jpg

賑やかに餌を食べたり水浴びをしたり、思い思いの行動をとっているムナグロ達
c0036878_2231925.jpg

畦に蹲って動かない鳥が2羽いるが遠くて分からない
c0036878_2251128.jpg

拡大して見ると、どうやらウズラシギ?のようだ???
c0036878_2262949.jpg

そんな暖かいMFの田圃周辺でした・・・
by birdland7 | 2008-05-17 22:07 | 野鳥 | Comments(8)

雨が止んだ午後のMF

日曜日、午前中雨が降っていて何となく家でゴロゴロしていた。
午後になって、小雨に変わり止む気配・・・
ならば、出かけようということでMFへ直行。
森には寄らずに田圃に直行した。
B区ではシギチを期待したがくまなく探すがいない。
葦が随分と伸びてきた。
新しい葦の中に去年の背が高い枯れた葦で
オオヨシキリが大きな声で啼いていた
c0036878_2025844.jpg

クラブの数人が集まってきた
B区よりもAサイドの田圃のほうがシギチが多いとの事でそちらに向かった。
ムナグロが塒にしているのだろうか、たくさん休止のポーズをとっている。
畦にキアシシギとムナグロがツーショット
c0036878_20285326.jpg

ウズラシギやトウネン、ハマシギを探したが生憎見つけられなかった・・・
時間もかなり遅くなったので、そこそこ田圃を楽しんだ後引き上げた。
by birdland7 | 2008-05-13 20:30 | 野鳥 | Comments(6)

粟島 最終日

1日目、2日目はこれと言った成果がないままに過ぎたので、最終日は期待を持って許される時間内で精力的に動いた。
しかし、今年の粟島は鳥の渡りが早かったのかそれとも遅いのか毎年の渡りの時期とは違っているような感じがした。
それでも、牧平にはたくさんのコムクドリの群が見られた。
コムクドリ
c0036878_20461833.jpg

ハヤブサの古木はなくなったけれど、遠くの立ち枯れた木の天辺でホオジロガ囀っていた。
こういう光景は好きな場面だ・・・
c0036878_20494042.jpg

これといった成果がないまま島を離れる時間になってしまった。
帰りは高速船ではなく、普通船にした
出航するとき、島の人たちの暖かい見送りが今年はやけに嬉しく感じた
また来たい・・・
c0036878_2053819.jpg

帰りの航路ではオオミズナギドリが海面スレスレで飛んでいた
c0036878_20543955.jpg

今年の粟島は来るタイミングが少しずれたようである
しかし、民宿の女将さんや若女将、その他多くの島の人たちにお世話になり、感謝の気持ちで一杯である。
そして、一緒に粟島に行った仲間の人達にもたくさんお世話になりました。
ありがとうございました。
by birdland7 | 2008-05-11 20:58 | 遠征 | Comments(8)

粟島 続き・・・

粟島、2日目は島の北端にある牧平に向かった。
島の一番北にある鳥崎の枯木に留まっているハヤブサを観るのも
実は粟島での楽しみである。
鳥崎に行ってみた。
しかし、様相が一変していた・・・
海にせり出した今にも朽ち倒れそうな古木がない・・・
これを楽しみにしていたのに残念・・・
前回は下記の写真のようであった
c0036878_20214647.jpg

ところが、今回はこんな風になっていた
c0036878_20223982.jpg

気を取り直して、鳥見・・・
牧平の畑にいたタイワンハクセキレイ
c0036878_2024390.jpg

明るいところになかなか出てくれないクロツグミ♀
c0036878_2026794.jpg

そして、オオルリ
c0036878_2027330.jpg

ちょっと鳥が少ないかな~といった粟島2日目でした。
by birdland7 | 2008-05-09 20:28 | 遠征 | Comments(6)

今年も粟島

今年もゴールデンウィークは粟島へ鳥見旅行をしてきた。
例年の通り夜中に関越を一路岩船港を目指して出発!
といっても、運転はNさんの車に便乗したのでNさん任せ。
ゴールデンウィークとあって、所沢から先高崎近くまでは渋滞!
それでも岩船手前のお幕場(オマクバ)には鳥見をする充分な時間には到着。
小一時間ほど鳥見の後、速めに岩船港に行った。
9時ジャスト、高速船で粟島目指して出航。
出航後、振り返るとまだたくさんの雪を残している新潟の(山形かな?)山並み
c0036878_19102574.jpg

岩船港に到着後、いつもの通り「山椒味噌おにぎり、味噌汁つき」をほおばる!
これがまた、楽しみでもある。
宿で、荷物を解いた後いよいよ鳥見の開始
学校ウラの畑で最初に眼に入ってきたのはニュウナイスズメ
♂も♀もいたが、白い眉斑が目立つ♀のニュウナイスズメ
後にアオジもいる
c0036878_19144789.jpg

更に進んで水場に向かうと綺麗なオオルリが
c0036878_19155294.jpg

松林にイスカがいるというので探すこと暫くして高い位置にイスカ
c0036878_19171868.jpg

c0036878_19174113.jpg

今回の粟島鳥見行を3回に分けてアップいたします。
by birdland7 | 2008-05-06 19:19 | 遠征 | Comments(8)


野鳥や四季折々変わり行く風景等を撮って楽しんでいます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31